JAL・ANAマイルの貯め方の基本

どちらがお得かTOPへ

マイルを貯めるTOPへ

マイル基本知識編

マイルの金銭的価値

マイルの貯め方の基本

クレジットカード選び
  ANAマイル用
   ANAカード申し込み手順
  JALマイル用

ANA JCBカードについて
  お得なコース
  家族会員について
  ANA VISAカードとの比較

マイル有効期限の延長方法

カードの上手な使いわけ方

実際どれ位マイルは貯まるか

ANAとJALどちらがお得か?

飛行機と新幹線どちらがお得か?

マイル貯め応用編

スルガ銀行で貯める

Tポイントで貯める

ガソリンスタンドで貯める

レンタカーで貯める

楽天ポイントで貯める

さらに応用編

ポイントサイトで貯める

支払いの建て替えで貯める

最終更新日:2014/06/01

マイルを貯める上で有効な3つの方法を説明します。これらの他にもマイルを貯める方法はありますが、それは応用編で説明します。

■クレジットカードでの支払いで貯める
マイルを貯める最も重要な手段は、日々の生活費を出来るだけクレジットカードで支払うことです。

クレジットカードを利用した場合、そのカード会社特有のポイントが付き、現金や何かの商品と交換できますが、カードによってはマイルに変換できるものがあります。 そのポイントをマイルに変換するのが最もマイルを貯めることのできる手段なのです。マイルに変換できるクレジットカードは「クレジットカード選び」で説明します。

しかし、「ポイントは現金に変換できるなら、あえてマイルに変換しなくても良いのでは?」 と思うかもしれませんが、マイルで変換したほうがいい理由があります。

それはマイルの金銭的価値が高いからです。1マイルはおよそ3円の価値があります。 クレジットカードでのポイント付与は100円につき1ポイントが相場で、それを現金に変えたとしても1ポイントは1円にしかなりません。 一方で、1ポイントは1マイルにも変換できるので、1マイルは3円の価値があるのでマイルとして貯めたほうが得になります。

普段クレジットカードを使う習慣のない人は、カード払いに抵抗があると思いますが、 カード提携店でカードを使わないのは、実はしています。 というのは、カード提携店は使用手数料をカード会社に支払っているので、手数料分だけ商品の値段に上乗せしてます。 我々はその分カードを利用して(但し一括払いに限ります)ポイントを稼いだほうが良いのです。

■飛行機の利用で貯める
飛行機を利用すればマイルが貯まります。マイルの付与量は目的地までの料金によって変わり、JALとANAで同じです。 下記テーブルは東京からの行き先に応じたマイルの付与量です。

東京からの行き先通常運賃での
支払い(100%)
割引運賃(旅割等)
での支払い(75%)
大阪280210
広島414310
札幌510382
福岡562425
沖縄984738

この時の航空券は当然カード払いですが、 ANA JCBカード や、 JALカード を使えば、更に多くのマイルを貯める事ができ、上記から10%もしくは25%多く付与されます。 (詳細は「クレジットカード選び」で説明します)

■電子マネーでの支払いで貯める
クレジットカードが使えなくても、EdyやWAONの電子マネーでの支払いができる店では積極的に利用しましょう。 EdyはANAマイル、WAONはJALマイルが貯まります。変換率は、200円で1マイルとなります。
クレジットカードが使えず電子マネーのみ使える店の例ではマクドナルドなどがあります。

※気を付けること
マイルを貯めることに固執して、無理してカードや電子マネーを使える店を利用する必要はありません。 カードや電子マネーを使えずマイルを貯めることが出来なくても、商品自体が安いほうで買う方がTOTALでは得な場合があります。 どちらが得かを見極める方法は、「カードの上手な使い方」で説明します。