ANA JCBカードのお得なコース

どちらがお得かTOPへ

マイルを貯めるTOPへ

マイル基本知識編

マイルの金銭的価値

マイルの貯め方の基本

クレジットカード選び
  ANAマイル用
   ANAカード申し込み手順
  JALマイル用

ANA JCBカードについて
  お得なコース
  家族会員について
  ANA VISAカードとの比較

マイル有効期限の延長方法

カードの上手な使いわけ方

実際どれ位マイルは貯まるか

ANAとJALどちらがお得か?

飛行機と新幹線どちらがお得か?

マイル貯め応用編

スルガ銀行で貯める

Tポイントで貯める

ガソリンスタンドで貯める

レンタカーで貯める

楽天ポイントで貯める

さらに応用編

ポイントサイトで貯める

支払いの建て替えで貯める

最終更新日:2014/06/01

どのJCBカードのコースが良いか詳しく検証します。

コース
No
カード名年会費年間
ボーナス
マイル
搭乗時
ボーナスマイル
1000円当たりの
付与マイル
マイル移行
手数料
搭乗券
購入時
通常
支払い時
@一般
カード
2100円1000
マイル
区間基本
マイレージ+10%
20マイル5マイル0円
A10マイル2100円/年
Bワイド
カード
7612円2000
マイル
区間基本
マイレージ+25%
5マイル0円
C10マイル2100円/年
Dワイド
ゴールド
14700円0円

<5マイルコースと10マイルコースの比較>
一般カードとワイドカードそれぞれに、1000円の支払いにつき5マイル貯まるのと、10マイル貯まるコースを比較します。 一般カードとワイドカードでどちらも結果は同じになる為、ここでは一般カードでの比較を例とします。

5マイルコースは2100円の年会費だけですが、10マイルコースは年会費に加え、マイル以降手数料が2100円/年かかるので計4200円/年となります。 支払い額に対する獲得マイル数は、以下グラフの通りとなります。


これでは当然10マイルのコースが良く見えますが、年会費などが考慮されていません。 そこで、縦軸を獲得金額値に変換しました。1マイル=3円として計算するとこうなります。

こうしてみると、年に14万円以上の支払をする 場合は10マイルコースがお得です。

<一般カードとワイドカードの比較>
2つのカードの違いは、ワイドカードは年会費が高い代わりに、飛行機利用時のマイルボーナスが多いです。 マイルは行き先までの距離と運賃に比例した量が貯まります。下記は東京からの行き先によるマイル付与量となります。

東京からの行き先通常運賃での
支払い
割引運賃(旅割)
での支払い
+10%
ボーナスマイル
+25%
ボーナスマイル
大阪280210+28+70
広島414310+41+103
札幌510382+51+127
福岡562425+56+140
沖縄984738+98+246

以下に東京⇔札幌間を通常運賃で利用した場合の、飛行機利用回数に応じた獲得マイル量を表します。


やはりこれだけではどちらが得かわからないので、マイルを金額換算(1マイル3円)して表しました。年会費等を考慮し計算してます。


こうしてみると、東京−札幌間を年間12回(6往復)相当利用するとワイドカードが得になります。 以下に表にまとめました。
選択肢お得なコースNo
年間14万円以上
の買い物をする
羽田-札幌間を12回以上利用するC
12回以下の利用A
年間14万円以下
の買い物
羽田-札幌間を12回以上利用するB
12回以下の利用@