ANAマイルとJALマイルはどちらがお得か?

どちらがお得かTOPへ

マイルを貯めるTOPへ

マイル基本知識編

マイルの金銭的価値

マイルの貯め方の基本

クレジットカード選び
  ANAマイル用
   ANAカード申し込み手順
  JALマイル用

ANA JCBカードについて
  お得なコース
  家族会員について
  ANA VISAカードとの比較

マイル有効期限の延長方法

カードの上手な使いわけ方

実際どれ位マイルは貯まるか

ANAとJALどちらがお得か?

飛行機と新幹線どちらがお得か?

マイル貯め応用編

スルガ銀行で貯める

Tポイントで貯める

ガソリンスタンドで貯める

レンタカーで貯める

楽天ポイントで貯める

さらに応用編

ポイントサイトで貯める

支払いの建て替えで貯める

最終更新日:2014/08/14

ANAマイルとJALマイルを貯めるのではどちらがお得なのでしょうか?
以下の視点で検証しました。

@マイルの金銭的価値
JALの方が少ないマイルで航空券を得ることが出来るので、マイルの金銭的価値はJALの方が高いです。詳細は「マイルの金銭的価値」で説明

Aクレジットカードでの貯めやすさ比較
両社の代表的なカードでの比較とします。サービス内容は両社同じ様な感じですが、違いとしてはマイル以降手数料や年会費が異なり、ANAの方が安いです。更に、年間ボーナスマイルはANAは毎年自動で加算されますが JALは一度でも飛行機を利用しなければなりません。その2つの点からもANAの方がお得です。

 会社カード名年会費年間
ボーナス
マイル
搭乗時
ボーナス
マイル
1000円買い物
当たりの付与マイル
マイル移行
手数料
@ANA一般
カード
2160円1000
マイル
区間基本
マイル+10%
5マイル0円
A10マイル2160円/年
Bワイド
カード
7612円2000
マイル
区間基本
マイル+25%
5マイル0円
C10マイル2160円/年
DJAL普通
カード
2160円1000
マイル※1
区間基本
マイル+10%
5マイル0円
E10マイル3240円/年
FCLUB-A
カード
10800円5000/2000
マイル※2
区間基本
マイル+25%
5マイル0円
G10マイル3240円/年

※1 年間ボーナスマイルは初回のみ無条件で付与され、翌年以降は初回搭乗時に付与されます。
※2 初回のみ無条件で5000マイル付与され、翌年以降は初回搭乗時に2000マイル付与されます。

Bクレジットカード以外での貯めやすさ比較
ANAマイルの方が貯める事ができる範囲が広いため、ANAマイルの方がお得に見えます。
項目ANAJAL説明
スルガ銀行×ANA:給料振込先指定で月に500マイル貯まる。
JAL:マイルは貯まらない。
TポイントANA:500ポイントで250マイルに直接変換可能。
JAL:Gポイントというサイト経由で変換可能。ただし変換率が低下※
エネオスANAカード/JALカード払いで、100円当たり1マイルが貯まる。
ニッポンレンタカーANA:カード払いで100円で1マイル貯まる。
JAL:直接マイルは貯まらないが、Edyで貯める事が可能
EdyANA:200円の支払いで1マイル貯まる。
JAL:直接マイルは貯まらないが、Tポイント経由で貯める事が可能
楽天ポイントANA:200円の支払いで1マイル貯まる。
JAL:直接マイルは貯まらないが、Edy経由で貯める事が可能
WAON×JAL:200円の支払いで1マイル貯まる。

※JALマイルは直接マイルに変換できなくても、他のポイント経由で変換する事が可能です。
しかしその変換の手間が結構かかったり変換率が落ちてしまいます。


結局どちらがお得なのか?
マイルを航空券に変換する場合においては金銭的価値はJALの方が高いですが、マイルの貯め易さで言えばANAの方が上の為、 いわゆる陸マイラーにとってはANAの方が良く頻繁に飛行機を利用する方はJALが良いかと思います。