JAL・ANAマイルを効率よく簡単に貯める方法

2011年7月から貯めたANAマイル総数:144,283マイル

どちらがお得かTOPへ

マイルを貯めるTOPへ

マイル基本知識編

マイルの金銭的価値

マイルの貯め方の基本

クレジットカード選び
  ANAマイル用
   ANAカード申し込み手順
  JALマイル用

ANA JCBカードについて
  お得なコース
  家族会員について
  ANA VISAカードとの比較

マイル有効期限の延長方法

カードの上手な使いわけ方

実際どれ位マイルは貯まるか

ANAとJALどちらがお得か?

飛行機と新幹線どちらがお得か?

マイル貯め応用編

スルガ銀行で貯める

Tポイントで貯める

ガソリンスタンドで貯める

レンタカーで貯める

楽天ポイントで貯める

さらに応用編

ポイントサイトで貯める

支払いの建て替えで貯める

ここでは手軽に簡単にANA・JALのマイルを貯める方法を紹介します。
この方法を実践すれば、最初の少しの手間だけで後は何の苦労もなく、年間で万単位のマイルを貯める事ができます。 ちなみに私は年間およそ2万5千〜4万マイル(ANA)を貯めています。もっと貯める事ができる人もいると思います。

獲得したマイルを金額換算したとすると、1マイルおよそ3円の価値があるため (詳細は「マイルの金銭的価値」で説明) 年間約7万円〜12万獲得した事になります。

この額を大きい/少ないと捉えるかは人それぞれだと思いますが、 例えば銀行の定期預金で年7万円の利息を得るにはどれ位のお金を預ける必要があるでしょうか? 定期預金の利率は良くてせいぜい0.3%なので、少なくても2500万円を定期預金で預けておく必要があります。 そう考えると、7万円は何の苦労もなく得るには大きな額であると思いませんか?
銀行預金より、日々の生活でマイル貯めを意識した方がはるかにましです!

■何故マイル貯めなのか?
マイルを貯めるには買い物時に専用クレジットカードで支払いを多くする必要があります(詳細は「マイルの貯め方の基本」で説明)。 ただ、他のクレジットカードで支払う場合にはそのカードユニークのポイントが付いたりするので、敢えてマイルを貯めなくても良いと思うかもしれません。 しかしマイルを貯めたほうが良い理由があります。それは、マイルが金銭的価値が高いからです。

例えばマイルを貯める専用クレジットカードで買い物した場合、1000円で約3円分のマイルが貯まりますが、 そこまで還元率の良いカードは無いと思います。せいぜい1000円で1円程度の還元率だと思います。

■私の活動実績
私の活動実績は以下のとおりになります。


それではマイルの貯め方を説明していきますが、これからマイルを貯める人にとってJALとANAのマイルどちらを貯めるのが良いか解らないと思います。結論としてはどちらが明確に 得かどうかは決めることはできず、人によって変わります。その理由も含めて順に説明しますので先ずは、「マイルの貯め方の基本」からご覧ください。