所得税の計算方法、源泉徴収票の見方


TOP

光熱費・電化製品編

お湯を沸かす:電気 vs ガス

白熱型 vs 蛍光灯型 vs LED
  電球
  シーリングライト

食器洗浄機 vs 手洗い

省エネ扇風機 vs 一般扇風機

エアコン vs 石油ファンヒータ

加湿器:スチーム式 vs 気化式

太陽光発電はお得か?

電化製品の消費電力を測る
  消費電力測定機
  消費電力測定結果

飲食費編

ホームベーカリー vs 市販品
 ホームベーカリーの選び方
 パンの作り方

米 vs 小麦粉 vs 大豆

マクドナルド
  セット vs 単品
  ポテト vs 市販冷凍ポテト

すき家の牛丼 vs 自炊

完成品購入 vs 素材から作成
  カルピスウォーター vs 原液
  ポカリスウェット vs 粉末
  麦茶 vs 茶葉

浄水器 vs 煮沸水道水
vs ミネラルウォーター

 浄水器の選び方

交通費・車関連編

ガソリン車 vs ディーゼル車
vs ハイブリッド車

車の燃費を良くする方法
  満タン給油 vs 半分給油
  最適なギア段の選び方
  上手なエアコンの使い方

ユーザー車検 vs 民間車検
 ユーザー車検の受け方

JAF会員 vs 非会員

高速道路 vs 一般道路

新幹線 vs 普通列車

新幹線を安くお得に乗る方法

タクシー vs 徒歩

旅行、ツアー vs 個人手配

税金編

税金の節約方法について
  所得税の計算方法
  所得税の節約方法

雇用保険料について

厚生年金保険料について

金融編

お得な銀行はどこか?

銀行の定期預金 vs 国債

自動車保険会社の選び方

学資保険 vs 定期預金

生命保険:掛け捨て vs 終身

クレジットカード vs 現金払い

住宅:早期ローン vs 頭金貯蓄

その他編

マイルを簡単に貯める方法

簡単にお小遣いを稼ぐ方法

携帯電話使用料金の節約方法

自宅写真印刷vsネットプリント

漫画喫茶 vs レンタル vs 中古

計算ツール,相互リンク

どちらがお得か計算ツール
電力料金計算ツール

相互リンク集

最終更新日:2016/03/22

毎年年末頃に下記のような源泉徴収票を受け取りますが、内容についてあまり理解していない人が多いと思います。そもそもこの源泉徴収票とは何なのでしょうか? 下記票に"源泉徴収税額"と記載されている項目がありますが、この票は一言でいうと、この源泉徴収税額を決めるに至る根拠を示したものです。

源泉徴収税とは"所得税"とほぼ等しいと思って良いです。違いは、所得税は一年の源泉徴収税を見込みで毎月の給料から差し引いて支払う税に対して、 源泉徴収税は最終的に国に支払う所得に対する税金となります。そのため年末調整という形で源泉徴収額と所得税の差額が返還/徴収されます。 ちなみにこの源泉徴収税が最も節税できる税金の一つです。

それでは源泉徴収税の求め方を、源泉徴収票の各項目の意味を踏まえて説明します。



①源泉徴収税額
結論から言うと源泉徴収税額は、②給与所得控除後の金額と、③所得控除の額の合計から算出され、以下式で求まります。計算結果は毎月及びボーナス時の給料明細に書いてある所得税額の合計と一致する筈です。

源泉徴収税額 = ((② - ③) x 所得税率- 控除額) x 1.021

所得税率と控除額は以下となります。また、最後に1.021を掛けているのは復興特別所得税で、東日本大震災以降より導入された税です。

②給与所得控除後の金額 - ③所得控除の額の合計所得税率控除額
195万円以下5%0円
195万円以上330万円以下10%97,500円
330万円以上695万円以下20%427,500円
695万円以上900万円以下23%636,000円
900万円以上1800万円以下33%1,536,000円
1800万円以上40%2,796,000円

② 給与所得控除後の金額
これは④支払金額から算出され、以下式で求まります。

給与所得控除後の金額 = ④ - 給与所得控除

また給与所得控除額は以下表のとおりです。

④支払金額給与所得控除
65万円以下④ x 100% (全額控除)
65万円~180万円④ x 40%
180万円~360万円④ x 30% + 18万円
360万円~660万円④ x 20% + 54万円
660万円~1000万円④ x 10% + 120万円
1000万円~1500万円④ x 5% + 170万円
1500万円以上245万円

ちなみにこの給与所得控除とは一体何なのでしょうか?例えば、自営業の方は税金を払う際に売上の全額に税金がかかるのではなく、 売上から人件費などの必要経費を差し引いた額に税金がかかります。サラリーマンにとっての必要経費とは、スーツ代や筆記用具などが当たります。 それを細かく計算して申請するのではなく、④支払金額に応じて一律に決まる額が給与所得控除とよばれるものです。

一般的に、②を給与所得または所得、④を年収と言い、いわゆる手取りの額とは違います。 手取りはこの源泉徴収票からは解りません。

③ 所得控除の額の合計額
給与所得から更に、これも所得として考えなくて良いよという特別な出費を差し引きます。それを所得控除と言います。
所得控除の額の内訳は上記票の赤枠で囲った箇所になります。ただし赤枠内に記載してある数値を全て合計しても③の値にはならず、一部を示したものになります。

所得税を少なくするためには、いかにこの控除を多くするかにかかっており、きちんと確定申告しないと損することになります。 こちらで所得控除の詳細について説明します。

④ 支払金額(年収)
税金や保険料を差し引かれる前の給料の総額です。会社から通勤費が支給される場合、それは支払金額に含まれません。