幕末から明治にかけての歴史 覚え書きメモ


トップメニューへ

歴史のこと

DNAの構造
日本人のルーツ
邪馬台国の論争
日本神話の登場人物
倭国から日本へ
幕末から明治
古代ギリシャ

初回更新日:2018/8/19       

幕末の有名な登場人物と、時代の流れを覚え書きとしてまとめました。

■登場人物


■時代の流れ


■尊王攘夷運動とは
 尊王とは天皇を尊び、攘夷とは外国を退ける思想です。攘は払いのける、夷は異民族という意味です。夷は蝦夷にも使われるように、昔は東北以北の人々の事を異民族として扱われておりました。 (征夷大将軍の夷はここから来ております)

 尊王攘夷は、吉田松陰らも掲げていた思想であったため、何故ここから倒幕に繋がるのか分かりづらいと思います。それは確かに当初は攘夷しようと思っていたのですが、下関戦争などを経て外国には敵わないと気付き、 彼らを受け入れた方が日本のためになると考えた結果、倒幕に至ったのです。